学生がカードローンを利用するための条件

学生がカードローンを申し込むには、20歳以上であってパートやアルバイトによる安定した収入があることが条件になります。
学生ローン専門のローン会社の中には学生の上限年齢を34歳までとしているところもあります。
また、銀行カードローンの中には親権者の同意が必要なところもあります。

即日融資可能な時間までに申し込むこと

即日に融資を受けるには申し込んだ日に審査回答を得て契約を完結する必要があります。
そのため早めの申し込みが必要です。特に振込で融資を受ける場合は銀行振込みの当日扱いの時間が過ぎてしまうと即日融資は受けられないことになります。
また審査にはパートやアルバイト先に電話で在籍確認が行われるので、その会社の営業時間を考慮して申し込みを早めにしておきます。
学生ローン専門のローン会社の中には午前中の申し込みと電話連絡があれば即日融資に対応できるところもあります。
また来店して申し込む場合は最短30分ほどで融資が可能になる学生ローン専門のローン会社もあります。

申し込み内容や必要書類に不備がないこと

申し込み内容や必要書類に不備がないように注意が必要です。
これらに不備があるとスピーディに審査を行えません。
たとえば申し込み時にメールアドレスと電話番号を間違えて登録すると連絡が取れなくなります。
またスマートフォーンで身分証明書の写真を撮るときに画像がぶれていると再送信する必要があり審査が遅れます。

借入可能な上限に達していないこと

消費者金融の場合は、他社の借入分を含めて年収の3分の1を超える借入ができません。

必要以上の借入額を希望しないこと

即日融資を受けるには学生であっても一定の基準以上の返済能力が必要です。
希望借入額を大きくしても収入の少ない学生であれば基準を満たさないことが考えられます。
審査では、申し込みの際に申告された年収あるいは収入証明書、他社の借入状況等を総合的に判断して利用者の返済能力を調査します。
調査により申込者の返済能力等に疑問があると審査に時間がかかることもあります。
その結果、審査回答が翌日に延ばされ即日融資ができないこともあります。

即日融資までの手順

申し込み前の準備

本人確認書類として学生証のほかに、運転免許証、健康保険証などいずれか一点は必要です。
また、給与明細書などの収入証明書が必要な場合があります。
消費者金融では借入希望額が50万円を超える場合もしくは他社を含めた借入の総額が100万円を超える場合に収入証明書が必要となります。
銀行の口座開設が必要な場合は事前に開設をしておく必要があります。学生ローン専門のローン会社の中には銀行のキャッシュカードが必要なところもあります。
ネット経由で申し込みを行う場合は申し込みフォームにて氏名、住所、電話番号、パートやアルバイト先、年収、他社の借入額などを申告して申し込むことになります。
ローン会社から申し込み内容確認の電話やメールが入ります。
また、学生ローン専門のローン会社の中には利用者から電話してもらい申し込み内容の確認をするケースもあります。
これは申し込み時に指定することができます。
本人確認書類や収入証明書等の必要書類はパソコンやスマートフォンなどを使用してネット経由で提出するほか、無人契約機での読み取り操作で提出することもできます。
有人店舗に出向いて手渡しで提出することもできます。
必要書類が提出されるとそれをもとに審査が行われます。
審査にはパートやアルバイト先に電話で在籍確認が行われるのが一般的です。
審査の結果、申込者の返済能力等に問題がなければスピーディに審査が通ることになり、電話やメールなどで審査回答が利用者へ知らされます。
振込での即時融資を行う場合は銀行振込みの当日扱いの時間までに利用者が指定した口座へ振込が実施されます。
自動契約機によってカードの発行を受ける場合は自動契約機に併設しているATMでカードを使って借入金を受け取ることができます。
審査基準ですが、キャッシングの審査が甘い会社があるわけではなく、どのカードローン会社でも違いはありません。

学生だからといって審査基準が甘くなるわけではないのです。
こちらのサイトでは審査通過基準の他に親に内緒で借入するテクニックがまとめられています。
キャッシング会社で借入を検討している方必見です。


このページの先頭へ戻る