カードローン金利は低金利だけが全てではない

銀行などのカードローン選びにおいては、確かに金利は非常に重要な比較ポイントの一つです。なぜなら、どうせお金を借りるなら低金利のほうが利息の支払い負担が小さくて返済が楽だからです。このことはマイホームローンなど、他のどんなローン商品にも共通して言えることです。実際にインターネットなどに掲載されている様々な種類のローン商品の体験談などを読んでみても、そのように実感している体験者は非常に大勢いることが分かるでしょう。
しかし金利が設定されているローン商品を利用してお金を借りる限りは、低金利を探すといっても限度があります。誰もが驚くような低金利商品など、そもそも存在しないものです。
それに金利の低さだけに注目してローン商品探しをしていると、他の大切な要素を疎かにしてしまうこともあります。たとえば借りてもすぐに返せるような借金なら、低金利よりも審査の難易度や即日対応などに注目して確実に借り入れできるように努力したほうが良いでしょう。少しくらい金利が高くても、すぐに完済してしまえば利息の支払い負担などは小さなものです。
それから金融機関から借金する時は、その金融機関の社会的信用力の高さも忘れないようにすべきです。お金の貸し借りとは貸す側と借りる側の信頼関係の上に成立するものですから、誰も知らないような無名の小さな貸金業者から借りるよりは、名前を聞けば誰でも知っているような世界的メガバンクなどから借りたほうが安心感が高いに決まっています。


このページの先頭へ戻る