カードローンの借り入れとクレジットカードの借り入れの違い

お金が急に必要になった時には、カードローンやキャッシングを利用するのが便利です。カードローンは主に分割返済するもの、キャッシングは一括で返済するものを指します。しかし今では、両方とも分割返済するようになっていますので、ほとんど違いはありません。また銀行のものをカードローン、消費者金融のものをキャッシングと呼ぶこともあります。
今では窓口だけでなく、ネットからでも申し込みが可能ですし、特に即日融資の場合は、審査時間が30分ほどですので、その日のうちに借り入れることができます。一般に銀行は低金利で審査が厳しく、消費者金融の場合は金利は高めですが、審査が緩くなっています。ただし消費者金融では、総量規制があり、年収の3分の1に当たる金額が限度額となります。またローンの返済の遅れなどがある場合は、信用情報にブラックがつきますので、審査に通りにくくなります。
しかし、お金が必要だけどわざわざ申し込みたくない、あるいは申し込むだけの時間がないという時は、クレジットカードのキャッシング機能を利用すると便利です。カード会社にもよりますが、ごく普通のカードでも10万円ほどの枠がありますので、銀行のATMにカードを入れて、暗証番号と金額を入力するだけで、お金を借りることができます。借り入れた金額は、その後の支払日に口座から引き落とされます。
しかしこの場合も気をつけておきたい点があります。クレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象になります。ですから既に消費者金融を利用していて、さらにクレジットカードで借り入れをしたい場合は、金額によっては融資してもらえないこともありますので、注意しましょう。


このページの先頭へ戻る