カードローンの遅延損害金について

カードローンでお金を融資してもらうときに、注意する必要があるのは返済が指定された日より遅れてしまい、遅延損害金が生じることです。
指定した日までに入金が確認できない場合は、電話や手紙などで催促をすることになりますが、そこで指定された日にちや時間までに払えば、信用情報に傷が付くことはありませんが、催促されたときに指定した期日までに入金されなければ、延滞扱いになることがあります。
遅延損害金は、自分の責任でお金を返すのが遅滞したときに、支払う必要がある損害を賠償するためのお金で、利率は利息制限法で決められた範囲で消費者金融会社などそれぞれの金融機関が独自に決めています。
お金を返すのが遅れると、その分だけ遅延損害金の額は大きくなるため、不注意による遅れを防ぐために振込みによる支払いをするのも一つの良い方法です。
何ヶ月もお金の支払いが滞ると、信用情報に事故として記録が残ることになります。
事故として記録が残ると消費者金融会社などの金融機関では、必ず審査をするときに信用情報を照会することになるので、新規でお金を借り入れることができないことがあります。
指定した日までにお金を用意できないときには、早急に連絡をすることが必要になります。
早目に連絡を入れることによって、相談に応じてもらえることがあります。
返済する日を遅らせてくれたり、金利だけを支払ったり、返済を翌月に繰り越してくれたりすることもあります。


このページの先頭へ戻る